上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.31 Glass of the Year
さて、本年最後のエントリとなりましたが、このブログも開始以来、早足掛け4年目に突入しようかと言うことになりました。

と言ってもはじめの数ヶ月間は殆ど更新せず、後から追記した分もありますので、実質的には2004年秋あたりからスタートしたと言うことになるのですが、開設日がいつなのかはっきりと言えません。
それが故に「開設○○周年!」とか言うエントリを他の方のブログで見かけると、「う~む…。」(ーー;)となってしまう私でした…。

そこで、この1年を振り返る意味でも、今回の企画を思いついたわけです。
ついでに、過去の分2004年度と2005年度の分もまとめてエントリしてみました!
選考理由は独断と偏見は当然として、「続きを読む」に説明いたしました…。

今年1年、ご覧頂いた方々には本当にありがとうございました。新年もまた、どうぞよろしくお願いいたします。
コメント、TBなどもお気軽に入れてくだされば幸いと存じます…。


Glass of the Year 2006
カメラ部門:Asahi Pentax SP

レンズ部門:Jupiter-8 50mm/2
20060916s_002.jpg
特別賞:Yashica Electro35 GX
20061231s_005.jpg


選考理由及び2004年度、2005年度分は
「続きを読む」でご覧ください。
... 続きを読む
スポンサーサイト
機材の話が出たついでに、もう一発…。
昨年の今ごろだったか、リケノン50mm/F2を入手して、このタイトルでエントリしてから約1年…。
熱望していた、別の標準レンズがやってきました…。

店頭、メーカーともに在庫切れで、バックオーダー待になっていた、Ultron40mm/F2 ASPがようやく再生産されたようで、入ってきました。
(最近コシナ製品しか買ってないような気がするが・・・。)


... 続きを読む
2006.11.15 麗人救出
そろそろ年末も押し迫ろうという時期、
ボーナス商戦を前に活況を呈しているように見えるカメラ量販店の、週末を前にしたジャンクワゴンで、私は君を見つけてしまった…。

見目麗しいそのフォルム、傷もほとんど見当たらない外見。
シャッター各速問題なく切れ、巻き上げ、セルフにも異常なし…。


... 続きを読む
少し前から思っていたことなんですが、
このサイトのサイドバーにある私のリンク集の中の方たちのサイトでも、どうも明らかに私とは違った視点で写真を撮っている方たちがおられます。

もちろん人それぞれ視点はみな違うのですが、
どうも明らかに何かが違うと思わされる写真を撮っていらっしゃいます。
それはいったい何なのだろうとずっと思っていたのですが、

それをどうしても探ってみたく、いろいろあれこれと考えていたのですが、
それを探っていく手がかりとして、こんなものを入手してみました。
私なりの手がかりになるのではないかと考えて…。
あれだけ使いにくいとか何とか、不平を書き綴っていたのですが…。

なんて言い訳をしてみました…。(-_-;)




最初のレンズはJupiter-8です。
リンクにもあるIshiさんのサイトを参考にさせていただきました。

「最初の」なんて書いてはいけませんね…。
そうやすやすと「次のレンズ」には、手は出せませんから…。

いえいえ、このカメラはコシナとロシアのレンズが使えるカメラです…。
決して「L」が付くレンズは使えませんから…。
と、思い込むことにしました…。
... 続きを読む
2006.03.21 Digital Pentax♪
春の綺麗な光景をいいペースでアップしていけそうな状況で、いきなり腰を折るような無粋な機材の話で申し訳ありませんが、撮影、掲載順の問題でどうしても先にこいつをお披露目しとかなきゃならなくなりました…。

ええ、ええ、言わずと知れたDigital Pentax です…。
ほんと、今更ですが、本当にようやくやっとこさ手に入れました…。

えっ?今までなかったの?と思う方や、
ん?ここは銀塩Blogじゃなかったのか?

と思う方などいらっしゃるかもしれませんが、
単に、貧乏で買えなかっただけですから、あしからず。

そう、ここはジャンクBlogなのかも知れない…。^_^;


... 続きを読む
前回のエントリは、実は前振りだったりします。機材エントリで続けてみました…。

ここ数ヶ月間は、ずっとメカシャッター機にこだわっていたりして、ついにいってしまいました、Bessaflex TM…。

前出のXR-8Superと親戚だったりするんですが、
一説によれば、こいつのベースはC1系直系ではなく、
一旦Bessaレンジファインダーシリーズとしてペンタプリズムを降ろした機体に、再度ペンタプリズムを積み直したという説があります。
CosinaOEM兄弟、恐るべし…。

カタログ掲載されているウルトロンがないので、Tessarとの組合せで…。
でも、標準用フードをつけちゃうとパンケーキっぽさがまるでなし…。



... 続きを読む
2006.02.25 金色の・・・
ここ数カ月、ずっと欲しかったカメラが手に入ったので、久方ぶりに「機材」のエントリ。

RICOH XR-8 Superです...。
Kマウントシステムを補完する、機械式フルマニュアル機で、1/2000秒までのメカシャッターを装備しています。

金色に輝くボディは特徴的で、両肩に「百」の文字を入れれば、そのまま...。


... 続きを読む
デジイチ購入がもはやありえないはずはないだろうという状況にいたり、
とりあえずコンデジはコンデジあたりで良いだろうとの判断から、
手持ち機材をいくつか整理。

tvsdimage00810s.jpg

... 続きを読む

KICX0153s.jpg


紆余曲折ありましたが、昨年秋から半年近くかかってのレンズライン整備がひとまずは完了したかな...?ということになった。
これまで山行用カメラの位置付けだったXR7-MⅡもM42レンズ用という役割が増えて出番が増えるかも知れません...。

代って本家イエナのTessarと入れ替わり、去り行くカメラがここに一台。
私にツァイスの写りの片鱗を教えてくれた、Slim T*。
高級コンパクトの先駆けとなったこの一台。
手放すことを知ったらその筋のマニアの友人に責められるかなぁ...。
... 続きを読む

20050211193949s.jpg

Super-A亡き後、私の中心的な愛機となっています。
一時、MZ-Lに浮気しかけましたが、結局最後まで付き合うことになりそうです。

というのもMZ-Lは、
・FAJレンズも含め全てのP/Kマウントレンズをフルに使用できる。
・マニュアルで半絞り、中間シャッター速度を使用可能。
・ハイスピード/ワイアレスシンクロ可能。
・プレビューボタン装備。
・ファインダーのできはMZ-3よりも良い。
・MZ-3よりわずかに軽い。
・赤外線リモコンが使える。
・そして安い!

など利点が多いって言うじゃな~い?

反面、測光モードが中央重点測光を持たず、自由度が低い。(残念!)
結局MZ-3でいくことにしました。

何より、MZ-3はかっこいいです。
そのポイントは大変高いですから!(切腹?)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。